aragaki yui_0422




◆新垣結衣、結婚が大成功! 続々続くナショクラCMでライバル綾瀬・長澤・石原から頭ひとつ抜け出た!

新垣結衣がここに来て奇跡の復活を遂げている。

結婚したことで、嫉妬で荒れ狂ったアンチコメントなどがネット上には一時的に増えていたが、meiji、アサヒ飲料、Kose、任天堂とナショナルクライアントのCMが次々と話題になり、結婚を期にさらに美しくなったと言われているのだ。

これまで彼女のライバルは、綾瀬はるか、長澤まさみ、石原さとみと”ビッグ4”の大物女優たちとされてきたが、CMキャラクターとしてはそこから頭ひとつ抜け出たかたちである。

「彼女のイメージ戦略としても、結婚は大きかったと言えるでしょう。石原さとみもエリートサラリーマンと結婚しましたが、あくまで一般人のためイメージアップにはつながらっていない。

綾瀬はるかは身内の金銭トラブルでそれどころじゃなく、長澤まさみも直近では浮いた話はなし。“ビッグ4”の中で唯一の芸能人夫婦となった新垣結衣は、主婦層からの支持も獲得しつつあります」(広告プランナー)

CMキャラクターとしてキャリアウーマン系か主婦系かの2択を迫らるような状況の中で新垣は、後者を選んだというわけである。(ちなみにキャリアウーマン系のキャラの頂点には米倉涼子、天海祐希の二大巨頭。)

なお、新垣のCMキャスティングにおけるライバルは“ビッグ4”以外に変化しつつある。

「やはり芸能人夫婦がライバルになるでしょう。戸田恵梨香、山本美月などです。ただし、戸田恵梨香はこれまで成田凌、村上信五、綾野剛らと浮名を流してきた“魔性の女”のイメージが強すぎる。

山本美月は夫が瀬戸康史というところで知名度的に弱いのと、本人がアニメオタクのイメージが強すぎて、CM作品に恵まれていません」(映像ディレクター)

また、新垣の“陰キャ”っぷりも人気に拍車をかけている。

https://www.cyzo.com/2021/10/post_293893_entry.html

3:
CMで抜け出るって…w
まあ本人に役者としての向上心が皆無だから本人的には満足だろうけど

4:
全くそんな印象はないんですが…

7:
芸能人夫婦枠で北川景子がスルーされるとは

この記事タイトルの続きを読む

kumada yoko_0521




◆熊田曜子、不倫相手は元フジ・平井理央アナの夫だった!? 過去には「元モデル女性と二股」「タレント優香との交際説」も

10月14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)により、タレント・熊田曜子の夫・A氏が、熊田とその不倫相手とされる民放テレビ局のディレクター・B氏に慰謝料を求める裁判を起こしたことが判明した。

B氏は以前、同誌が熊田の不倫相手として報じたフジテレビの情報バラエティ番組『ノンストップ!』のスタッフ・X氏とはプロフィールが異なるが、「局内ではすぐに『B氏はアイツだ!』と話題になっていた」(フジテレビ関係者)という。

2012年にA氏と結婚した熊田だが、ニュースサイト「文春オンライン」は今年5月21日配信の記事で、熊田に暴力を振るった疑いでA氏が同18日に現行犯逮捕され、その2日後に釈放されていたとスクープ。

同31日、熊田は所属事務所を通して「夫と離婚することを決意」したと発表するも、同日、ニュースサイト「スマートフラッシュ」は熊田の不倫疑惑を報じ、さらに6月10日発売の「文春」では、A氏が熊田とX氏の関係性を疑っていたことや、A氏が熊田と不倫相手の体液が検出されたという“おもちゃ”を証拠として所持していることなども伝えられた。

「現在、A氏は熊田への暴行罪で起訴されていますが、『文春』最新号によると、A氏もまた、熊田と不倫相手に慰謝料を求める裁判を起こしたそう。

ただ、今回A氏が訴えたのはB氏で、“15年ほど前のバラエティ番組で熊田と知り合った”とか、“有名女性アナウンサーと結婚して子どももいる”といったプロフィールが、すでに報じられている不倫相手X氏の経歴と合致しないんです」(芸能ライター)

つまり、以前から取り沙汰されていたX氏とは異なる人物が訴えられたわけだが、B氏の周囲は今回の「文春」報道で、熊田の不倫相手が彼だとすぐに気づいたようだ。

「B氏はX氏と同じフジテレビ局員で、平井理央アナウンサ―(12年にフジテレビを退社してフリーに転身)の夫とみられています。

平井アナより4歳年上のB氏は、過去に、同じくフジの戸部洋子アナとも交際が報じられたほか、平井アナと交際時、元モデル女性と二股をかけていたうわさもあるなど、かなり奔放な性格。

タレント・優香との交際説がささやかれたこともありましたが、今回の『文春』にも書かれている通り、周囲に自ら女性関係を自慢して回るような面があるので、彼を嫌う局員は少なくありません。

それで居場所がなくなっているのか、あるいは裁判沙汰になりすでに上層部から何か処分が下されたのか、つい先日は、番組会議に参加していなかったようです」(前出・フジテレビ関係者)

熊田、B氏とも「文春」の取材に対して不倫を否定しているが、A氏が裁判を起こした今、平井アナはこのうわさを把握しているのだろうか。

https://www.cyzowoman.com/2021/10/post_362322_1.html

80:
>>1
もうめちゃくちゃだなw

181:
>>1
その人がリモコンの主なのか?

424:
>>1
あー、あの女子アナの旦那か!

これは面白くなって参りました!

この記事タイトルの続きを読む

mogami moga_1018




◆最上もが、シングルマザーになった経緯を初告白「最初からその予定だったわけではない」

元でんぱ組.incの最上もがが16日深夜放送の新番組『占いメガネ』(TBS系/毎週土曜25時28分)に出演。シングルマザーとなった経緯を初めて告白した。

その後、自身が更新したツイッターにも注目が集まっている。

2020年11月に第1子の妊娠を発表し、5月に出産。そしてシングルマザーとして生きていくことを公表した最上。番組内では「この仕事を続けられるのかどうかという疑問がある」と明かし、妊娠・出産期間に感じた不安などを語っていた。

また、シングルマザーになったキッカケについて「最終的に決めてるのは自分なんですけど、最初からその予定があったわけでは全然なくて」とコメント。「結婚する予定だった人に振られたんです」と複雑な心境を吐露した。

続いて「赤ちゃんができたことは相手の人は知っているんですけど、それでもうまくやっていける自信がない」と告げられたことについても言及した。

放送後、最上は自身のツイッターに「最上もがは結婚してません!予定もありません」「『占いメガネ』でお話した通り、私は振られただけの未婚シングルマザーです」と投稿。

「前から何件か結婚おめでとう!って言われたことがあり、多分別の方と誤解されてると思うのですが、全方向に迷惑かかるので今後間違った情報は拡散しないで頂きたいです…」と呼びかけた。

https://www.crank-in.net/news/95294

8:
結局自分から話すのね

124:
>>8
ほんこれ

11:
結局やり逃げされただけなのでは…

この記事タイトルの続きを読む

marie_1017




◆ついに仕事がなくなったマリエの気になる近況と今後

今年4月、自身のインスタグラムのライブ配信で、18歳の時に島田紳助さんから枕営業を誘われ、同席した出川哲朗らも同調したという趣旨の告白をして騒動になっていたタレントのマリエだが、5年半にわたってパーソナリティーを務めてきたJ‐WAVEのラジオ番組が9月25日、最終回を迎えてしまった。

同ラジオは3時間の生放送で、音楽、ファッション、カルチャーのテーマについてトーク。番組の最後でマリエは、リスナーに「18~23歳に芸能界で忙しくさせてもらって、その後にニューヨークで勉強して。そこからラジオをやらせてもらった。コロナで不安な日もこの番組が好きだから作ってこられた。なにより、リスナーの方々のおかげです」と感謝した。

「明らかに4月の騒動のおかげで降板させられてしまった。局側としては、それが原因と書き立てられたくないので、キリのいい時期で番組を終えた。まだ事務所には所属しているが、もう事務所がマリエの仕事を営業することはないだろう」(芸能記者)

さらに、マリエは春先に〝暴露本〟のような著書の発売もにおわせていたが今のところ、発売されず。また、母親が今夏の都議選に出馬を表明していたが、娘の騒動の影響なのか、結局、出馬しなかった。

気になるマリエの近況だが、発売中の「フラッシュ」(光文社)によると、9月下旬、マリエが代表を務めるアパレル会社が入居する都内のマンションの一室には、4月のインスタライブで質問するなどしていたアパレル会社の経営者の姿が。

その男性は頻繁にその部屋に出入りしており、どうやら近くでマリエのことを支えている様子だというのだ。

「マリエがこのままで引き下がるわけがない。行動を共にする男性が主導し、またひと騒動起こすのでは。そうなったら、事務所も堂々とクビにできるだろう」(同)

いずれにせよ、表舞台からは消えそうだ。

https://npn.co.jp/article/detail/200016715

35:
>>1
なんだったんよ、マジで

144:
>>1
裁判起こさないのはなぜ?
それとも実はそんなに傷ついてないとか?
仮に賠償金が少額でも判例になるわけで

この記事タイトルの続きを読む

bishojo




◆【画像】話題の美少女JC(14)、ブラウン管越しだとかなり厳しい






『2022 ミス・ティーン・ジャパン』の決勝大会が10日、都内で行われ、北海道出身の中学2年生・石川花(いしかわ・はんな/14)さんがグランプリに輝いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b1f4986ef64a68770985139de0daa3108dea9ac








3:
全然かわいいが?

5:
そろそろテレビ買い換えろ

14:
>>5
格ゲーマーなんだろう

この記事タイトルの続きを読む

↑このページのトップヘ