カテゴリ: 時事ネタ

wada akiko_0313




◆和田アキ子、デビュー54年目迎え新曲が「TikTok」でバズる現象に「若者に支持。すっごくうれしい」

歌手・和田アキ子が23日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜・午前11時)に生出演した。

番組では、和田が今月25日にデビュー記念日を迎えることが紹介され「ありがとうございます。本当にうれしいです」と和田は喜んだ。

デビュー54年目に突入する和田は現在、9月2日にリリースした新曲「YONA YONA DANCE」が、動画投稿アプリ「TikTok」の再生回数が2億3700万回を突破しバズるなど若者の間で人気が急上昇している。この人気に「若者に支持してもらってすっごくうれしく思っております」と感謝した。

さらには、「和田アキ子公式YouTube」アカウントに投稿されている同曲のMVは、この日の生放送直前の時点で765万回以上の再生数を記録したことが報告された。

これを受けて「私は自分で誰とコラボしたいとか、誰と歌いたいとかあまり言わないんです。マネージャーとかスタッフに任せっきりなんですけど、スタッフが今回、ホリプロのマネージャーたちもそうですけど、移籍してユニバーサルのスタッグがみんな一丸になってやってくれて」と明かし

「こんな形で開花したのはスタッフに感謝、感謝」などとコメントしていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/04dbda455585f8fbb1290effaa79ae3120b4a36a

155:
>>1
すげー再生回数なのね
つか昔の和製R&Bのカバーもなかなかのもんなのよねこの人

184:
>>155
登録者4万
動画数個だけ
この歌だけ700万超え
他はしょぼい

なんかここだけ集中して誰かが無理矢理上げた感あるが
ラジオとかでもよく聞くから本当にこの曲だけバズってる可能性もあると思う

3:
ここ数年しおらしくなってて草

228:
>>3
歳だからな

続きを読む

bishojo




◆【画像】話題の美少女JC(14)、ブラウン管越しだとかなり厳しい






『2022 ミス・ティーン・ジャパン』の決勝大会が10日、都内で行われ、北海道出身の中学2年生・石川花(いしかわ・はんな/14)さんがグランプリに輝いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b1f4986ef64a68770985139de0daa3108dea9ac








3:
全然かわいいが?

5:
そろそろテレビ買い換えろ

14:
>>5
格ゲーマーなんだろう

続きを読む

yafukome



◆「攻撃的なコメント禁止」。Yahoo!ニュース、コメント欄に注意書き追加

Yahoo!ニュースは、10月1日にコメント投稿数が急増し、不適切な内容が散見されたことを受け、記事ページやコメント欄の上部など目立つ場所に注意書きを追加した。

ユーザーへ協力を要請するとともに、パトロールを強化する。

Yahoo!ニュース コメントポリシーには、人権侵害や誹謗中傷、ヘイトスピーチ、不快な内容を含むコメントなどの禁止行為を明示。事前抑止に努めるとともに、投稿された場合でも専門チームによるパトロールと、機械学習での自動検知で24時間365日対応している。

https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1355/568/amp.index.html

ヤフコメで誹謗中傷するのが唯一の生き甲斐のヤフコメ民どうすればええんや😢

4:
ヘイトスピーチ禁止されたらヤフコメ絶滅するやろ…

5:
法改正でここも終わりそう

続きを読む

hiroyuki_0921




◆ひろゆき、SNSで幸せアピールをしてる人は「幸せだと思われたい不幸な人」

1: ID:CAP

59: ID:asts5S230
>>1
たまに、こういうド正論言ってくるから始末が悪いんだよな。

207: ID:8A4xYENd0
>>59
下手な鉄砲ってやつだな
あんだけ全方位に射ちまくれば
そりゃ当たることもある

61: ID:3YxSMZwx0
>>1 これは定番の人間心理だよな
必死に男匂わせリア充アピしてるインスタとか見ると
なんかもう怖くなる

177: ID:koUoj4f80
>>1
え?つまりひろゆきさん、あなたは・・・??

続きを読む

watabe 0910



◆佐々木希 長男を総額3千万円一貫校に転園!幼稚園だけでも年200万

「メディアで“離婚しそうな芸能人”企画があると佐々木さんと渡部さん夫妻は相変わらず上位に挙がってきますね」(スポーツ紙記者)

夫・アンジャッシュ渡部建(48)の“不倫騒動”から1年以上がたったいまも、離婚が取りざたされる佐々木希(33)。そんな“危うい”夫妻を本誌が目撃したのは、8月下旬の午後だ。

都内の幼稚園前に止まった1台の高級車。助手席から降り立った佐々木は帽子にマスク姿で幼稚園に入っていく。運転席の渡部は、車から降りなかった。人目を気にしてか車中でもマスクをし、ズレをしきりに手で直そうとしている。

10分ほどすると、長男(2)に手を引っ張られながら、小さなカバンや水筒を手にした佐々木が車へと戻ってきた。子供を後部座席に乗せ、佐々木は再び助手席に乗り込む。

夫妻は車内で会話を交わし、笑顔も見せていた。離婚説もなんのその、仲は良好に見えた。

「夫妻は今年に入って新居に引っ越しました。3月に約4億円のマンションを佐々木さんの個人事務所名義で現金一括購入したのです」(前出・スポーツ紙記者)

心機一転、やり直しの気持ちを込めた引っ越しだったようだが、実はもう一つ変化が。

「長男を都内の保育園に通わせていましたが、最近、別の幼稚園に転園させています」(芸能関係者)

本誌が目撃したのもその幼稚園へのお迎え。教育関係者によると、「そこは、幼稚園から小中高までの一貫校です。芸能人のお子さんも通っており、学費は幼稚園でも年200万円近く、高校卒業までだと通算学費は3千万円を超えます」

夫の渡部が芸能界に復帰できずにいるなかでの、子供の一貫校への転園ーー。そこには“子供のために新しい環境を”という強い思いが見え隠れする。佐々木は、最近のインタビューでは“支えになっている存在”を聞かれて次のように話している。

《やはり子どもですかね。すごく愛おしい存在。泣いている顔も笑っている顔もすごく愛おしく思うので、そういう存在がいることも頑張る糧になっていますね》(「クランクイン!」9月1日掲載)

前出の芸能関係者はこう話す。

「生き甲斐である子供を養うためには仕事が大切だと覚悟しているようです。ドラマ『白い濁流』(NHK BSプレミアム)にも出演中ですし、9月からは久々の舞台に挑戦。6月ごろは映画の地方ロケもこなしていました」

自分が招いた逆風にも弱音を吐かず前向きな妻に、渡部も気を使っているようだ。本誌が目撃したこの日、愛児と“大黒柱”の佐々木に何かあったら一大事とばかり、渡部は超安全運転で家路へと発進していった。

「女性自身」2021年9月21日号 掲載
https://news.yahoo.co.jp/articles/b8ac9ecea13a78bfadc954ae60b1414d3f2385ba

渡部が待つ車に乗り込む佐々木

224: ID:3tKjI0Fg0
>>1
キムタク、さんま、松本の子供はインターだろ
平凡な家庭の家じゃないから、インターか通信生のほうが良い

238: ID:mNTArbnW0
>>224
イマルは高校から留学しただけで
日本の私立出身だよ

続きを読む

↑このページのトップヘ